【ロサンゼルスモーターショー13】マツダ、自動運転をデザインで味付け

自動車 ニューモデル モーターショー

マツダがロサンゼルスモーターショー13の「デザインチャレンジ」に出品した『AUTO ADAPT』
  • マツダがロサンゼルスモーターショー13の「デザインチャレンジ」に出品した『AUTO ADAPT』
  • マツダがロサンゼルスモーターショー13の「デザインチャレンジ」に出品した『AUTO ADAPT』
  • マツダがロサンゼルスモーターショー13の「デザインチャレンジ」に出品した『AUTO ADAPT』
  • マツダがロサンゼルスモーターショー13の「デザインチャレンジ」に出品した『AUTO ADAPT』
  • マツダがロサンゼルスモーターショー13の「デザインチャレンジ」に出品した『AUTO ADAPT』
  • マツダがロサンゼルスモーターショー13の「デザインチャレンジ」に出品した『AUTO ADAPT』
ロサンゼルスモーターショー13の「デザインチャレンジ」に、マツダは『AUTO ADAPT』を出品した。

8社がエントリーしているロサンゼルスモーターショー13のデザインチャレンジ。テーマは、「自然の知恵」。マツダの米国デザイン部門、マツダデザインアメリカの作品が、AUTO ADAPTだ。

AUTO ADAPTは、2025年に自動運転が主流になるとの予想に対するアンチテーゼ的作品。AUTO ADAPTでは、自動運転時と、ドライバー自らが運転操作を行うマニュアルモード時で、全く異なる形に車が変化する。

自動運転時は、シルバーボディで四角いMPVのようなフォルム。ところが、マニュアルモード時には、赤いボディカラーのスポーツカーに変身する。この時、室内はドライバー重視の空間に変わる。未来の車にも、「運転する喜び」という要素を残していこうという意志の現れだ。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集