【東京モーターショー13】トヨタ自動車東日本、アクアをベースとしたコンセプトカーを参考出品

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ自動車東日本が参考出品したアクアのベースのコンセプトカー
  • トヨタ自動車東日本が参考出品したアクアのベースのコンセプトカー
  • トヨタ自動車東日本が参考出品したアクアのベースのコンセプトカー
  • トヨタ自動車東日本が参考出品したアクアのベースのコンセプトカー
  • トヨタ自動車東日本が参考出品したアクアのベースのコンセプトカー
『カローラアクシオ』『アクア』『ラクティス』『ポルテ』『センチュリー』など、トヨタ車の企画・研究開発・生産を行なっているトヨタ自動車東日本(宮城県黒川郡大衡村)は、アクアの新しい魅力を引き出すコンセプトカーを参考出品した。

ベース車がアクアであることを忘れてしまうほど斬新なスタイルの『AQUA AIR』は、2ドアのオープンカータイプを提案。また、「コンパクトハイブリッドクロスオーバー」という位置づけの『AQUA CROSS』は、フォルクスワーゲン『クロスポロ』のイメージと重なるアウトドア志向モデル。さらに、クラスを超えた上質感と存在感を放つ「コンパクトハイブリッドプレミアム」、『Premi AQUA』は、レクサスのクルマを想わせる雰囲気だ。

このほか同社のブースでは、ポルテやカローラアクシオなどのコンセプトカーも展示され、来場者の注目を集めていた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集