【東京モーターショー13】ヤマハ、4輪車MOTIV初公開…ゴートン・マーレー氏と共同開発

自動車 ニューモデル モーターショー

ヤマハ発動機 MOTIV
  • ヤマハ発動機 MOTIV
  • ヤマハ発動機 MOTIV
  • ヤマハ発動機 MOTIV
  • ヤマハ発動機 MOTIV
ヤマハ発動機は11月20日、ゴートン・マーレー・デザイン社と共同開発した4輪車『MOTIV(モティフ)』を世界初公開した。

ヤマハの柳弘之社長は同日のプレスカンファレンスで「2輪車で培った技術を駆使しながら人機一体感による楽しさ、軽快感がもたらすドライビングプレジャーと、都市型パーソナルビークルを両立させようとするクルマで、F1グランプリで活躍したゴートン・マーレー氏が同じような思いを持たれていて共同開発した」と紹介。

車体は「ゴートン・マーレー・デザイン社の『iStream技術』を用いたスペースフレームと複合材料の組み合わせで構成。軽量、高強度、高剛性を実現するとともに、デザインの自由度、多様性を可能にしている」という。

またパワーユニット「エンジン、モーターのいずれも搭載可能」とした上で「ヤマハのエンジン技術を凝縮した1000cc3気筒DOHCエンジン、最大25kWのEVユニットを開発している」ことを明らかにした。

「これらの車体、パワーユニットに4輪独立懸架サスペンション、リアパワーユニット、リアドライブ、空力ボディシェルなどをパッケージした。デザインは都市型パーソナルビークルとしてシャープでスタイリッシュなイメージを表現した。都市空間において操る喜びを呼び覚ます車を実現したい。そして世界中のお客様に体感して頂きたいという思いで開発に取り組んでいる」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集