【東京モーターショー13】スバル レヴォーグ「ワゴン最高峰のツーリング性能」

自動車 ニューモデル モーターショー

富士重 スバル レヴォーグ
  • 富士重 スバル レヴォーグ
  • 富士重 スバル レヴォーグ
  • 富士重 スバル レヴォーグ
  • 富士重 スバル レヴォーグ
  • 富士重 スバル レヴォーグ
  • 富士重 スバル レヴォーグ
  • 熊谷泰典プロジェクトゼネラルマネージャー
  • 富士重 スバル レヴォーグ
富士重工業は11月20日、2014年春に発売予定の新型ツーリングワゴン『レヴォーグ』を世界初公開した。レヴォーグには、1.6リットルと2.0リットルの2種類の直噴ターボエンジンが設定されている。

開発責任者を務める熊谷泰典プロジェクトゼネラルマネージャーは「商品としてはどっちが良いということではなく、それぞれに特徴を持たせることで、わかりやすく、お客様が選びやすい車にしている」と語る。

その特徴は「2.0リットルは最高出力300馬力、最大トルク400Nm。1.6リットルについては、それぞれ170馬力、250Nmということで、その出力差も明らかだが、2.0リットルはハイパフォーマンスで楽しんで頂く。1.6リットルについては非常に低燃費でありながら楽しい走りを提供していく」としている。

このうち「1.6リットルについては低燃費でストレスフリーなロングツーリング性能を提供しようということをずっと掲げてやってきた。とくにトルクが1800回転で250Nmまでいって、ずっとフラットに出ていくので、中低速で非常に扱いやすい。出力についても押しなべて現行レガシィ2.5リットル自然給気に対しワンランク上で推移していくような形で扱いやすい」と解説。

その上で「こだわったのがレギュラーガソリン仕様ということ。レギュラーガソリンで170馬力、燃費は17.4km/リットルにするところがパワーユニットとしては一番苦労した。実際に自社で測った時速100km巡航の実力燃費値×タンク容量で、確実に(航続距離が)1000kmを超える。ワンタンクで1000kmというロングレンジを一気に走れる安心感を提供したい」と語った。

一方、「2.0リットルの燃費は13.2 km/リットルで現行『レガシィ』の直噴ターボ(12.4 km/リットル)に対して燃費を改善している。また(ドライブアシストシステムの)SIドライブのS#については3モードでクロスレシオの8速設定ということで、現行レガシィよりもスポーティにダイレクト感のある走りが楽しめる。合わせて並行して開発してきた『WRX』からも走りの要素を取り込んでいるので非常にスポーティな走りを提供できる。ワゴン最高峰のツーリング性能と運転の楽しさということで進めてきた」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集