【SEMAショー13】トヨタ 86 をカスタマイズ… 前後マスクを大胆に変更

自動車 ニューモデル 新型車

サイオンFR-S(トヨタ86)のアーバンGTスポーツクーペ
  • サイオンFR-S(トヨタ86)のアーバンGTスポーツクーペ
  • サイオンFR-S(トヨタ86)のアーバンGTスポーツクーペ
  • サイオンFR-S(トヨタ86)のアーバンGTスポーツクーペ
  • サイオンFR-S(トヨタ86)のアーバンGTスポーツクーペ
  • サイオンFR-S(トヨタ86)のアーバンGTスポーツクーペ
  • サイオンFR-S(トヨタ86)のアーバンGTスポーツクーペ
  • サイオンFR-S(トヨタ86)のアーバンGTスポーツクーペ
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は11月5日、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー13において、複数のサイオン『FR-S』(日本名:トヨタ『86』)のカスタマイズカーを初公開した。

サイオンは、トヨタ自動車が米国で展開する若者向けブランド。トヨタ86は米国では、サイオンFR-Sとして販売中だ。今年のSEMAショーにも、昨年同様、多くの86のカスタマイズカーが展示された。

その中の1台が、『アーバンGTスポーツクーペ』。内外装を中心に、カスタマイズを施している。

外観はフロントとリアの表情を、大胆に変身。フロントは、ボンネットの先端を延長したようなデザインが特徴で、86の新たな表情を提案。リアは、ブラックのガーニッシュで、イメージを大きく変えた。ボディカラーは、マットグレーアルミニウムで塗装。インテリアは、シートをホワイトレザー化。表面にはダイヤモンドステッチ加工を施す。

直噴2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンは、TRD製のコールドエアインテークや、REMUSブランドのエグゾーストを追加。コンピューターもチューニングされ、最大出力は200psから220psへ引き上げられた。

足回りは、ビルシュタインのサスペンションとADVICSのブレーキで強化。タイヤはグッドイヤーの「イーグル1」で、フロント225/35ZR19、リア255/30ZR19サイズを履く。19インチのアルミホイールは、HREパフォーマンス製としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集