【SEMAショー13】トヨタ 86 にハンドメイドのワイドボディ… ターボで500psにパワーアップ

自動車 ニューモデル モーターショー

サイオンFR-S (トヨタ86)コンセプトワン
  • サイオンFR-S (トヨタ86)コンセプトワン
  • サイオンFR-S (トヨタ86)コンセプトワン
  • サイオンFR-S (トヨタ86)コンセプトワン
  • サイオンFR-S (トヨタ86)コンセプトワン
  • サイオンFR-S (トヨタ86)コンセプトワン
  • サイオンFR-S (トヨタ86)コンセプトワン
  • サイオンFR-S (トヨタ86)コンセプトワン
  • サイオンFR-S (トヨタ86)コンセプトワン
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は10月30日、米国ラスベガスで11月5日に開幕するSEMAショー13において、複数のサイオン『FR-S』(日本名:トヨタ『86』)のカスタマイズカーを初公開すると発表した。

サイオンは、トヨタ自動車が米国で展開する若者向けブランド。トヨタ86は米国では、サイオンFR-Sとして販売中だ。今年のSEMAショーにも、昨年同様、多くの86のカスタマイズカーが展示される。

その中の1台が、Bulletproofオートモーティブが手がけたサイオン『FR-S コンセプトワン』。ハンドメイドのワイドボディに、最大出力500psのターボエンジンを搭載している。

ハンドメイドのワイドボディは、大胆なラインを与えた前後フェンダーが特徴。大型リアウイングをはじめ、専用エアロパーツはアグレッシブな形状とした。エアインテークを刻むボンネットは、ブラックで仕上げられる。これらのエアロパーツやボンネットは、軽量なカーボンファイバー製。足回りは、サーキット仕様だ。

エンジンは、ボルグワーナー製のターボチャージャーで過給。吸排気系にもチューニングが施された。その結果、最大出力は500psに向上。FR-Sの2.0リットル水平対向4気筒ユニットは、標準状態で最大出力200psだから、2.5倍にパワーアップ。室内は、赤いレザーを使ったエクスクルーシブな仕上げが目を引く。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集