【東京モーターショー13】三菱、パジェロ/RVR 次期モデルにPHEVを展開

自動車 ニューモデル 新型車

パジェロの次期モデルを示唆する『ミツビシ コンセプト GC-PHEV』
  • パジェロの次期モデルを示唆する『ミツビシ コンセプト GC-PHEV』
  • RVRの次期モデルを示唆した『ミツビシ コンセプト XR-PHEV』
  • 三菱自動車・商品戦略・事業化統括部門長の中尾龍吾氏
  • 三菱、パジェロ RVR 次期モデルにPHEVを展開
  • 三菱、パジェロ RVR 次期モデルにPHEVを展開
  • 三菱、パジェロ RVR 次期モデルにPHEVを展開
  • 三菱、パジェロ RVR 次期モデルにPHEVを展開
  • 三菱、パジェロ RVR 次期モデルにPHEVを展開
三菱自動車は11月1日、東京モーターショー2013に出品するコンセプトカー3台の概要を発表した。このうち『コンセプト GC-PHEV』、『コンセプト XR-PHEV』の2台は次期『パジェロ』『RVR』を示唆したモデルで、一緒に披露されたPHEVシステムが次期モデルに採用されていくという。

東京モーターショーに出品する次世代ラージSUV『コンセプト GC-PHEV』は、パジェロの次期モデルとされ、プラグインハイブリッドEVシステム(PHEVシステム)は、既存の『アウトランダーPHEV』とは異なるFRベースのプラットフォームとなる。

パワートレーンは、3.0リットルV6スーパーチャージドエンジンと8速オートマチックトランスミッションに、高出力モーターと大容量バッテリーなどで構成され、オールラウンドSUVに相応しい走りを実現するフルタイム4WDとした。

次世代コンパクトSUV『コンセプト XR-PHEV』は、RVRの次期モデルと見られ、PHEVシステムは「アウトランダーPHEV」から後輪用モーターを外したFFタイプを採用、ダウンサイジングコンセプトを取り入れた1.1リットル直噴ターボチャージドエンジンに、軽量・小型・高効率モーターと大容量バッテリーなどで構成される。

三菱自動車・商品戦略・事業化統括部門長の中尾龍吾氏は「(GC-PHEV、XR-PHEVに関しては)、次期モデルに搭載する技術として検討しているもの、各モデルのモデルサイクルの中で、これらの電動車両技術も同時に出していきたいと思っている」と、次期SUV系モデルにPHEVシステムを展開していく考えを示した。
《》

編集部おすすめのニュース

特集