【スバルBRZ tS 試乗】タイムラグ感じないダイレクトな走り…島崎七生人

試乗記 国産車
スバル BRZ tS
  • スバル BRZ tS
  • スバル BRZ tS
  • スバル BRZ tS
  • スバル BRZ tS
  • スバル BRZ tS
  • スバル BRZ tS
  • スバル BRZ tS
  • スバル BRZ tS
『BRZ』初のSTIコンプリートモデル、スバル『BRZ tS』。ニュルブルクリンクでテストも実施、500台限定(受注期間2014年3月9日まで)で発売された同車の走りは、狙いが実にハッキリしている。

「もう一格、クルマの楽しさを引き上げるのが狙い」(マーケティンググループ・森宏志さん)、「トラクションの“ツキ”がいいFRのメリットを生かした」(車両実験グループ・渋谷真さん)「素材がいいのでより品質の高い走りを目指した」(車体技術部・毛利豊彦さん)という。ライン生産の制約から離れ、STIならではの手を入れた。

主要パーツではサスペンション始め、フレキシブルタワーバー、ステアリングギヤボックスに張力をかけるフレキシブルドロースティフナーなども。タイヤは6種類から選んだというMICHELIN PILOT SUPER SPORT 225/40ZR18。ブレンボ製ブレーキ(前4ポット/後2ポット)&ディスクローター、大径ドライブシャフト(28→32mm)も採用する。内装ではイタリック体の文字と指針が専用のSTIロゴ入りのメーターなどが専用だ。

実際の走りは、ベース車以上のダイレクト感が印象的。とくにハンドリング、ロールなど、操作とクルマの挙動とのタイムラグのなさがいい。一般公道では段差通過時のショックはやや大きめに感じるが、走り込むにつれ、クルマとの一体感が楽しみになる。エンジンもねじり剛性20%アップというドライブシャフトのおかげで、アクセル操作に対しツキのいいパワー感を発揮。エンジンスペックは200ps/20.9kgmでベース車と同じだ。

内外観がさらにグレードアップできる「GTパッケージ」は上限250台の限定オプションだが、これはぜひ選びたい。というのも、アルミホイール、スポイラー等の外観も専用ながら、STIオリジナルRECARO製バケットシート(サイドエアバッグも付く)が、車体との一体感と走りの“質”をより高めて感じさせてくれるからだ。このパッケージ付きの6速MT車の走りはより爽快なものになっている(写真はエンジンルーム以外、試乗車とは別の撮影用車両のもの)。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集