【ホンダ フィットHV 試乗】エンジン音のない世界に陶酔…岩貞るみこ

試乗記 国産車
ホンダ フィット ハイブリッド
  • ホンダ フィット ハイブリッド
  • ホンダ フィット ハイブリッド
  • ホンダ フィット ハイブリッド
  • ホンダ フィット ハイブリッド
  • ホンダ・新型フィット
  • ホンダ フィット新型発表のようす
燃費の悪いハイブリッドに、なんの意味があるのか? 私世代の女性のほとんどは、そう思っていることだろう。

加速のよさとか、環境を考えた社会貢献とか、そんなものより燃費ですよ。だって、『フィット』ですよ。街乗りの王道ですよ。日常で活躍するクルマが、そこをはずしてどうする?

燃費のよくなったフィットは、スタイルもよくなった。きゅっとカタマリ感のあるデザインは、悪くない。フロントマスクはホンダ独自の似たようなコンセプトであるにもかかわらず、『アコード ハイブリッド』だと「最悪」と舌打ちしそうになるのに、フィットだと「かわいい」となるから面白い。

走行中は、エンジンがオフになる瞬間が何度も訪れ、ここが先代までと違うところ。ああ、燃費に貢献中と、エンジン音のない世界に酔いしれる。そして、アクセル開度を上手に導くべく、青~緑へと色が変わるインパネ部分のライトも、これまでは、あまりにもテンポがずれて、いいんだか悪いんだか混乱を招く以外の何物でもなかったのに対し、今回はリニアに色が変わり納得である。これなら、スイッチのようにアクセルをべたべた踏む多くの女性ドライバーも、じわっと踏めて、さらに燃費向上にいそしむようになるかもしれない。

ノーマルエンジンに比べ、ハイブリッドで少し気になったのは、ハンドルのクイックさ。特に高速走行時の車線変更では、ちょっと過敏なのではと思わされる。機構的には「お高い」のを採用しているそうだが、うーん、どうなんでしょう?

■ 5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★


岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。
《岩貞るみこ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース