【ダイハツ ムーヴ コンテ 試乗】内外装の質感向上に乗り心地改善、地道な改良の成果あり…島崎七生人

試乗記 国産車

ダイハツ ムーブコンテ
  • ダイハツ ムーブコンテ
  • ダイハツ ムーブコンテ
  • ダイハツ ムーブコンテ
  • ダイハツ ムーブコンテ
  • ダイハツ ムーブコンテ
  • ダイハツ ムーブコンテ
  • ダイハツ ムーブコンテ
ダイハツ『ムーヴ コンテ』に試乗した。試乗車は新色のマスカットグリーンとパールホワイトIIIの2トーン。塗り分け部分がDピラー下なのがユニークで、ちょっとクラシカルな趣にも感じる。

室内ではインパネの“挿し色”が新たにグリーンに。無地のソファの上のアクセントのクッション……カタログ写真ような視覚的効果が感じられる。柄にすると好みによって押し付けになるので、シンプルなセンスに好感をもった。

『ムーヴ コンテ』の改良モデルは、地道だが多くの項目が手直しされた。始動時のクランキング音、走行中の室内の静粛性の高さ(エンジン透過音やこもり音)が増したのは走らせると実感した。乗り心地もしっとり感が増したし、ブレーキがよりしっかり効く手応えになったと思ったら、これらも改良点だった。メーターも液晶表示が左右2箇所になり、表示項目も増えた。駐車スピードでステアリングがやや軽すぎるのは、次の改良に期待したい。

JC08モード燃費は27.6km/リットル。これは現行『ムーヴ』に採用の“e:Sテクノロジー第2弾”を入れ込んだ結果という。試乗中のメーター表示によれば、街中、高速道路、山道と雑多なシチュエーションを、とくに神経を使わず走らせて20.0km/リットル前後の数値を示した。なので、丁寧に走らせれば、より納得のいく実燃費が期待できるはずだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集