【リコール】日産 セレナ など76万台、加速不良となるおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット

改善箇所
  • 改善箇所
  • 改善箇所
日産自動車は9月26日、『セレナ』『エクストレイル』などの加速装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『セレナ』『エクストレイル』『ラフェスタ』『フーガ』『ランディ』の5車種で、2004年10月1日~2013年6月14日に製作された76万4744台。

アクセルペダルの踏み込み量を検知するアクセルセンサにおいて、アクセルペダルを横方向に押す力が働くような踏み方をした場合に、当該センサ内部の接点の接触力が不足して接触不良を起こすことがある。このため、当該センサ信号が出力不良となることで、フェールセーフ制御が作動してスロットルバルブ開度を制限し、加速不良となるおそれがある。また、フェールセーフ制御時の吸入空気
量設定が不適切なため、スロットルバルブに汚れが堆積している場合に、アイドル回転付近での空気量が不足して、エンストに至るおそれがある。

全車両、当該アクセルペダル一式を対策品と交換するとともに、エンジン制御コンピュータのプログラムを修正する。

不具合発生件数は1432件で、市場からの情報および国土交通省からの指摘により発見した。

事故は起きていない。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集