【フランクフルトモーターショー13】英ケータハムから入門セブン、165 初公開…スズキ製660ccターボ搭載

自動車 ニューモデル 新型車

ケータハム セブン165プロトタイプ(フランクフルトモーターショー13)
  • ケータハム セブン165プロトタイプ(フランクフルトモーターショー13)
  • ケータハム セブン165プロトタイプ(フランクフルトモーターショー13)
  • ケータハム セブン165プロトタイプ(フランクフルトモーターショー13)
英国ケータハムカーズは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13において、『セブン165プロトタイプ』を初公開した。

同車は、ケータハムを代表する独創的スポーツカー、『セブン』に追加予定の入門グレードのプロトタイプ車。そのハイライトは、スズキ製エンジンの搭載にある。

セブン165プロトタイプの心臓部は、スズキ製の「K6A」型660cc直列3気筒ガソリンターボエンジン。最大出力80ps、最大トルク10.9kgmを発生する。K6Aエンジンは、日本では軽自動車の規制のため、最大出力は64psに制限される。一方、セブン165プロトタイプ用では、16psプラスの80psを引き出す。

このスズキ製エンジンは、セブン165プロトタイプへの搭載に際して、ケーターハム・テクノロジー・イノベーションの手で専用チューニングが施された。

ケータハム セブン165プロトタイプは2014年1月、販売が開始される予定。英国でのベース価格は、1万7000ポンド(約270万円)以下を計画する。フランクフルトモーターショー13のプレスカンファレンスには、スズキの鈴木俊宏副社長が登場。ケータハムカーズのグラハム・マクドナルドCEOと、がっちり握手を交わしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集