【フランクフルトモーターショー13】ポルシェ パナメーラにPHV、欧州初公開…環境戦略の主軸モデル

自動車 ニューモデル 新型車

ポルシェ パナメーラS・Eハイブリッド(フランクフルトモーターショー13)
  • ポルシェ パナメーラS・Eハイブリッド(フランクフルトモーターショー13)
  • ポルシェ パナメーラS・Eハイブリッド(フランクフルトモーターショー13)
  • ポルシェ パナメーラS・Eハイブリッド
  • ポルシェ パナメーラS・Eハイブリッド
  • ポルシェ・パナメーラS・Eハイブリッド
  • ポルシェ・パナメーラS・Eハイブリッド
  • ポルシェ・パナメーラS・Eハイブリッド
  • ポルシェ・パナメーラS・Eハイブリッド
ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは9月9日夜(日本時間9月10日未明)、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー13のプレビューイベント、「フォルクスワーゲングループナイト」において、『パナメーラS・Eハイブリッド』を欧州初公開した。

パナメーラS・Eハイブリッドは、ポルシェが『パナメーラ』の大幅改良を機に、新設定したプラグインハイブリッド車(PHV)。2013年4月、上海モーターショー13でワールドプレミアを飾っているが、今回、欧州初公開を果たした。

これは、同車の欧州発売に合わせたタイミングでの披露。またポルシェは、今回のフォルクスワーゲングループナイトにおいて、PHVスーパーカーの『918スパイダー』の量産モデルを初公開しており、918スパイダーとパナメーラを軸に、ポルシェの環境戦略をアピールする狙いもある。

パナメーラS・Eハイブリッドは、3.0リットルV型6気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたPHVシステムを搭載。最大出力は416psを発生し、0-100km/h加速5.5秒、最高速270km/hのパフォーマンスを備える。

それでいて、EVモードで最大35kmゼロエミッション走行できる効果もあって、欧州複合モード燃費32.3km/リットル、CO2排出量71g/kmという優れた環境性能を実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集