【フィット プロトタイプ 試乗】たとえ一瞬だとしても、世界一の低燃費HVというインパクトは重要…吉田由美

試乗記 国産車
ホンダ フィット プトロタイプ
  • ホンダ フィット プトロタイプ
  • ホンダ フィット プトロタイプ
  • ホンダ フィット プトロタイプ
  • 吉田由美氏
  • ホンダ フィット プトロタイプ
  • ホンダ フィット プトロタイプ
  • ホンダ フィット プトロタイプ
  • ホンダ フィット プトロタイプ
ホンダが9月に発売する『フィットハイブリッド』。発売に先駆けて、プロトタイプに試乗させていただきました。

それにしても昨今ではあまりないような人数の自動車ジャーナリストを、北海道のテストコースで試乗させたことからも、ホンダの『フィットハイブリッド』に賭ける意気込みが感じられます。

『フィットハイブリッド』の一番のセールスポイントは、何と言っても同じくコンパクサイズのハイブリッドモデルで、ガチンコライバルであるトヨタ『アクア』を凌ぐ36.4km/リットル(JC08モード)。なんだかんだ言っても、新型車として登場するからには、たとえすぐ抜かれたとしても、一時はクラスNo.1の称号が無いと、インパクトが弱過ぎ。1モーターのコンパクトなハイブリッドシステム「スポーツハイブリッド インテリジェント・デュアル・クラッチドライブ」を搭載し、EVモードのみでも走行可能。そして、期待するのは、そこに“走りの楽しさ”というホンダらしさのトッピング。

今回、私が真っ先に試乗したのは「ハイブリッドLパッケージ」。私の第一印象としては、運転は軽快で滑らか、快適なのに、シートが残念。シートのホールド感が薄いというか、なんとなくお尻が落ち着かない感じ。

しかし、次に乗った「RS」(AT)は、それがまったく感じられず、まさにお尻がフィットして快適。「RS」のMTは1速時のエンジン音が大きめに感じられましたが、低中速は気持ちのいい音。音の演出が絶妙です。

その後も「1.5リットルガソリンモデル」や「1.3リットルガソリンモデル」を試乗しましたが、個人的に私が一番、バランスが良いと感じたのは「1.5リットルガソリンモデル」。どうしてもハイブリッドは、ガソリンモデルと比べるとクルマの重さを感じるので、軽快感という面ではそもそもちょっと不利。とはいえ、十分にハイブリッド車も軽快です。

そして、なにかと話題のデザイン。実は、試乗前も試乗後も、いろんな方からフロントマスクのデザインのことを聞かれました。個人的には、かなり強い顔だなという印象。しかし、全部が強くなりすぎて、かえって印象に残りにくい感があります。やはり、デザインもバランス…ですよね。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:---

吉田由美|カーライフ・エッセイスト
短大時代からモデルを始め、国産メーカーのセーフティドライビングのインストラクター経て「カーライフ・エッセイスト」に転身。クルマまわりのエトセトラについて独自の視点で自動車雑誌を中心に、テレビ、ラジオ、web、女性誌など広く活動中。ブログ「なんちゃってセレブなカーライフ」は業界一の人気を誇る。
《吉田由美》

編集部おすすめのニュース

特集