【パイクスピーク13】ローブ、「雨以外に怖いものはなかった」

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

パイクスピークで初テストを行うプジョー208 T16
  • パイクスピークで初テストを行うプジョー208 T16
  • プジョー 208T16とセバスチャン・ローブ選手
  • プジョー 208 T16パイクスピーク
WRCの9度のチャンピオンという実績を持つフランス人ドライバーのセバスチャン・ローブが、第91回パイクスピークのレースで前回記録を1分30秒以上更新する記録で優勝した。

ローブは2013年型プジョー208T16パイクスピーク仕様を運転して山を駆け上り、8分13秒878という驚異的な記録を打ち立て、9分の壁を打ち破った世界で最初のドライバーとなった。

「自分にとってこれは今年一番のレースだった。最初はプレッシャーがあったことを認める。なぜなら僕は、プジョーと全てのパートナーからの多くの仕事や、投資があったことを知っていたからだ。それは全て自分にかかっていて、僕は最大のパフォーマンスを発揮しなければならなかった」と彼は語った。

「僕は最終的にとても良い走りができて、もの凄く幸せだった。僕は本当に8分15秒以上に良いタイムを予想していなかったので、8分13秒は最高だった。スタートの前は、自分が勝利を確実にする為に本来の最高リミットまでプッシュするべきか、または快適なペースの中でプッシュするかとても迷っていた。だが最後に、僕はリミットまでプッシュすることを決めた」

「良い走りができたよ。スタートからフィニッシュまで、全てがコントロール下にあった。天候が悪くなる可能性以外に、僕達は何も心配する瞬間は無かったね」とローブは締めくくった。

ミレンは無制限クラスでの彼のヒュンダイRMR PM580-Tで2位となった。このニュージーランド人ドライバーはローブから49秒遅れの9分2秒192のタイムを出した。

ポルシェ・スポーツカー・レーサーのロメイン・ドゥマスは、彼は走行ができずに終わった。ローブに最も近い存在だったが、彼のノーマM20FC PPはエンジンの問題の為に走行できなかった。

プジョーは以前、パイクスピークで2度の勝利を収め、最も記憶に残るのは別の元WRCチャンピオンであるアリ・バタネンが、プジョー405T16で記録を打ち破った1988年の時のものである。バタネンのコースの記録は、当時砂利道でカバーされていた状態で、10分47秒220というものだった。

{{{

}}}
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集