【ルマン24時間 2013】残り2時間…3位争いでトヨタとアウディがつば競り合い

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ルマン24時間 2013
  • ルマン24時間 2013
  • ルマン24時間 2013
  • ルマン24時間 2013
  • ルマン24時間 2013
レースは残り2時間。トップに『R18 e-tronクワトロ』2号車(クリステンセン)、1周遅れで2位のトヨタ『TS030ハイブリッド』8号車(デビッドソン)という構図は変わらず。マシントラブルで8位まで落ちていたアウディの1号車(ロッテラー)が猛追し5位まで浮上。

3位争いは熾烈だ。ピットで3位に立ったアウディの3号車(ジャーヴィス)に対してトヨタの7号車(ラピエール)が猛プッシュ。318周目には両車がコーナーで時折並び、テール・トゥ・ノーズのつばぜり合いが演じられている。ドライバーやピットスタッフの疲れはピークに達しており、この集中力をいかに最後まで持続できるかが鍵と言える。

LMP2クラスで参戦していた井原慶子のガルフレーシング・ミドルイーストと中野信次のデルタADRはともにリタイアを喫している。GTE ProクラスのAFコルセでフェラーリ『458 イタリア』を駆る小林可夢偉はクラス4位を走行中だ。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集