テスラのEV、モデルSが米国でリコール…シート取り付け金具に不具合

自動車 テクノロジー 安全

テスラ・モデルS
  • テスラ・モデルS
米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズが2012年6月、米国市場で発売した新型EV、『モデルS』。同車が米国で、リコール(回収・無償修理)を実施することが分かった。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。モデルSについて、テスラモーターズから6月14日、リコールの届け出を受けたと公表している。

このリコールは、シートの取り付け金具の不具合によるもの。NHTSAによると、モデルSの一部に、シートが適切に固定されていないものがあり、事故の際、乗員が負傷するリスクがあるという。

リコール対象車は、2013年モデルの一部。2013年5月から6月上旬にかけて生産された1228台が該当する。

テスラモーターズは対象車を所有する顧客に連絡。交換部品が用意でき次第、リコール作業を行う方針。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集