【上海モーターショー13】シトロエン DS に新SUVコンセプト、ワイルドルビー…295psのPHV

自動車 ニューモデル モーターショー
シトロエン DS ワイルドルビー(上海モーターショー13)
  • シトロエン DS ワイルドルビー(上海モーターショー13)
  • シトロエン DS ワイルドルビー(上海モーターショー13)
  • シトロエン DS ワイルドルビー(上海モーターショー13)
  • シトロエン DS ワイルドルビー(上海モーターショー13)
  • シトロエン DS ワイルドルビー(上海モーターショー13)
  • シトロエン DS ワイルドルビー(上海モーターショー13)
  • シトロエン DS ワイルドルビー(上海モーターショー13)
  • シトロエン DS ワイルドルビー(上海モーターショー13)
フランスの自動車大手、シトロエンは4月20日、中国で開幕した上海モーターショー13において、コンセプトカーの『DSワイルドルビー』(WILD RUBIS)をワールドプレミアした。

同車はシトロエンの新たな高級レンジ、「DS」シリーズに加わる予定の新型車を示唆したコンセプトカー。現在、DSシリーズには、小型ハッチバックの『DS3』、小型クロスオーバーの『DS4』、中型クロスオーバーの『DS5』がある。DSワイルド ルビーは、ミドルサイズのSUVを提案したコンセプトカーとなる。

DSワイルドルビーのボディサイズは、全長4700×全幅1950×全高1590mm、ホイールベース2900mm。SUVに相応しい力強さと、DSシリーズに求められる高級感の両立が、デザインテーマに掲げられた。

また、DSワイルドルビーは、プラグインハイブリッド(PHV)システムを搭載したコンセプトカーでもある。シトロエンは4月22日、その詳細を公表。エンジンは直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボで、最大出力225psを発生。モーターは最大出力70psを引き出す。エンジンとモーターを合わせたトータル出力は、295ps。

エンジンのパワーが前輪、モーターのパワーが後輪を駆動する4WD。EVモードでは最大50kmをゼロエミッション走行できる。その効果もあり、CO2排出量は43g/kmと環境性能は高い。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集