【スバル XVハイブリッド 技術発表】吉永社長「どの車種にするか大事な決断だった」

自動車 ニューモデル 新型車

スバルXVハイブリッド
  • スバルXVハイブリッド
  • スバルXVハイブリッド
  • スバルXVハイブリッド
  • 富士重工業 吉永泰之社長
  • スバルXVハイブリッド
  • スバルXVハイブリッド
富士重工業は4月18日、今夏に発売する『XVハイブリッド』の技術仕様を公開した。吉永泰之社長は都内で開いた技術説明会後、一部報道陣に対し「どの車種から(ハイブリッドに)入るかというのは、我々にとってとても大事な決断だった」と振り返った。

吉永社長は、ハイブリッドモデルの選定を巡り「社内でものすごく議論があった」とした上で、「やはりスポーツユーティリティでハイブリッドというのが最もスバルらしいじゃないかということになった」と経緯を明かした。

「他社のいわゆる最初の方から出ているハイブリッドと(方式が)全然違う考え方だとすると、やはり車そのものもスポーツユーティリティでAWDで、それでハイブリッドで、モーターアシストは走りの味の方にも使うみたいな、やはりスバルらしいもの。普通の『レガシィセダン』というのもありだが、今までとは違うハイブリッドの提案という意味では今日発表して、やっぱり『XV』で良かったと自分自身でも思っている」と述べた。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集