【リコール】三菱 i-MiEVなど3車種…制動距離が長くなるおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット

改善箇所説明図
  • 改善箇所説明図
  • 三菱 i-MiEV
  • 商用EV ミニキャブMiEV(左)とi-MiEV(右)
三菱自動車工業は24日、電気自動車『i-MiEV』『ミニキャブ-MiEV』、スズキブランドの『EV エブリイ』など3車種のブレーキ負圧電動ポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2011年7月28日~2012年10月26日に製作された5820台。

不具合は2ヵ所で、(1)ブレーキ負圧電動ポンプのロータの加工が不適切なため、先端が鋭利な形状となり、ロータの先端が欠けて負圧ポンプが作動せず、制動距離が長くなるおそれがある(2)ブレーキ負圧電動ポンプのベーンの検査が不適切なため、亀裂があるものを組み付け、ベーンが破損して負圧ポンプが作動せず、制動距離が長くなるおそれがある。

全車両、ブレーキ負圧電動ポンプ一式を対策品と交換する。

不具合発生件数は、(1)が6件、(2)が4件で、いずれも市場からの情報で発見した。事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集