【デトロイトモーターショー13】キャデラック初のPHV、ELR 発表…2014年市販へ

自動車 ニューモデル モーターショー

キャデラック ELR(デトロイトモーターショー13)
  • キャデラック ELR(デトロイトモーターショー13)
  • キャデラック ELR(デトロイトモーターショー13)
  • キャデラック ELR(デトロイトモーターショー13)
  • キャデラック ELR(デトロイトモーターショー13)
  • キャデラック ELR(デトロイトモーターショー13)
  • キャデラック ELR
  • キャデラック ELR
  • キャデラック ELR
米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、キャデラックは1月15日(日本時間1月16日深夜)、デトロイトモーターショー13において、新型車の『ELR』をワールドプレミアした。

ELRは、キャデラックの新たな2+2のラグジュアリークーペ。デザインモチーフは、2009年に発表したコンセプトカー、『コンバージ』に求められた。キャデラック初の市販プラグインハイブリッド車(PHV)になる点が、ELRの最大の特徴だ。

GMはモーター走行を基本に、発電用のエンジンを備えたPHVシステムを2010年末、シボレー『ボルト』で実用化。この「エクステンディットレンジエレクトリックビークル」(航続距離延長EV)技術が、キャデラックELRにも応用される。

モーターは、最大トルク40.8kgmとパワフル。キャデラックによると、3.6リットルV型6気筒ガソリンエンジンを、約12%上回るトルクを引き出すという。このモーターのおかげで、ELRは最大56kmのゼロエミッション走行が可能。EVモードでの最高速は100km/hだ。

二次電池は、蓄電容量16.5kWhのリチウムイオンバッテリー。バッテリー残量が少なくなると、発電用の1.4リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン(最大出力207ps)が始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を送ると同時に、バッテリーを充電する。これにより、ELRの最大航続可能距離は、480kmまで伸びる。

キャデラックは2013年後半、ELRの生産を米国でスタート。2014年に北米および世界市場へ投入する計画だ。GMのキャデラック部門のボブ・フェルグソン副社長は、「ELRは高級さと先進技術、前衛的デザインを備えたスポーティかつエコなクーペ」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集