【デトロイトモーターショー13】トヨタ、新型セダンコンセプト カローラ フーリアを世界初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

トヨタ カローラ フーリア(デトロイトモーターショー13)
  • トヨタ カローラ フーリア(デトロイトモーターショー13)
  • トヨタ カローラ フーリア(デトロイトモーターショー13)
  • トヨタ カローラ フーリア(デトロイトモーターショー13)
  • トヨタ カローラ フーリア(デトロイトモーターショー13)
  • トヨタ カローラ フーリア(デトロイトモーターショー13)
  • トヨタ カローラ フーリア(デトロイトモーターショー13)
  • トヨタ カローラ フーリア(デトロイトモーターショー13)
  • トヨタ カローラ フーリア(デトロイトモーターショー13)
トヨタ自動車は1月14日(日本時間1月15日深夜)、米国で開幕したデトロイトモーターショー13において、コンセプトカーの『カローラ フーリア』(Furia)を初公開した。

同車はこれまで、『フーリア』として予告されてきたモデル。トヨタは今回の公式発表で、車名に『カローラ』を冠した。このことから、北米向けの次期『カローラ』(日本仕様とは異なる)を示唆したコンセプトカーが、カローラ フーリアとなる。

開発コンセプトは、「エキサイティングなコンパクトセダン」。米国でカローラが属するクラスは、競合車がひしめく激戦区。その中で埋没することのない個性的なデザインを、トヨタは次期カローラで提示した。

カローラ フーリアのボディサイズは、全長4620×全幅1805×全高1425mm、ホイールベース2700mm。デザインテーマには、「アイコニック・ダイナミズム」を掲げ、シンプルな面構成の中に、若い顧客にアピールする個性を表現する。

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売のビル・フェイ副社長は、「カローラ フーリアは、トヨタのコンパクトカーの今後のデザインの方向性を示すコンセプトカー。ダイナミックなデザインに、高い技術などのモダンな要素が、多くの人々を驚かせるだろう」とコメントしている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集