【レクサス HS 発表直前】スピンドルグリル採用へ

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス HS250h 新型
  • レクサス HS250h 新型
  • レクサス HS250h 新型
  • レクサス HS250h 新型
  • レクサス HS250h 現行
  • レクサス HS250h 現行
  • レクサス HS250h 現行
レクサスのハイブリッドセダン『HS250h』。同車の大幅改良モデルが、2013年1月下旬に発表される。

HS250hは2009年7月、レクサスブランド初のハイブリッド専用車として誕生。トヨタの『SAI』とは、基本を共有する兄弟車だ。デビューから3年半を経たHS250hに今回、初の大がかりな改良が施される。

改良モデルのハイライトは、新型『GS』から導入が開始されたレクサスの新しい表情、スピンドルグリルが採用される点。レクサスがモデルチェンジではなく改良を機に、スピンドルグリルを採用した例としては、『RX』や『LS』がある。HS250hもスピンドルグリルを得て、現行型から大きく印象を変えることに成功した。

一方、ハイブリッドシステムには変更はない。2.4リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、モーターを組み合わせたシステム。エンジンとモーターのトータル出力は、190psだ。トランスミッションは電気式無段変速機。

HS250hはこれまで、どちらかというと控えめな表情だった。しかし、スピンドルグリルを採用することで、押し出しの強い高級車に生まれ変わることになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集