【2010年の10大ニュース座談会】絡み合うニュースとともに議論紛糾

自動車 社会 社会

輸出産業に打撃
  • 輸出産業に打撃
  • カムリ
  • アコード
  • アルティマ
  • ソナタ
  • ボルト
  • 軽自動車のOEM関係にも変化があった
  • 動画キャプチャ
4
 巨大市場が人質の「中国問題」

高木---円高はどうでしょう。

三浦---2010年秋のハイライトなのではないでしょうか。エコカー補助金終了で生産余力があるのに、円高によって輸出ができない。国内生産はダブついてしまう。

石田---補助金打ち切り前の最後の3日間くらいは、公募がすごかったようですね。

井元---プリウスなど結局補助金で買えずに、メーカーが補填したケースも多かったですし。

三浦---補助金用予算が少しずつ減っていることを伝えきれなかったことが、混乱を招いた要因ですね。…あれ、議論がいつのまにか補助金終了に移っているね。いま議論しようとしているのは円高ですよ。忘れたかな、円高。あと一歩で70円台までいったのですが。慣れてしまったかな。

高木---中国問題はざっくりですよね。

井元---レアアース問題、ストライキも起きましたが。ストライキ、基本的に中国では禁止ですから、官製ストととらえられてもしかたない。「牙を剥く中国」という感じでしょうか。

三浦---意図的にストをしているということですね。もう少し自動車的にできないかな。実際、中国のマーケットは青天井で、それを“人質”にして世界に発言しています。

井元---尖閣諸島はその具体例ということですね。

高木---中国は「ジャイアン」というか「スネ夫」でしょうか。

井元---ジャイアンの「パワー」とスネ夫の「狡猾さ」を兼ね備えているのかな。


■EVが頻繁に見出しを飾った2010年
■EV関連記事は一日平均3本
■海外戦略が始動…世界戦略車とアジア戦略車
■巨大市場が人質の「中国問題」
■環境自動車税制には今後注目
■「GM再上場」と「ヒュンダイ脅威」が当落線上
■いよいよ1位決定
■メディアの煽りすぎはよくないが…それでもEVフィーバー
■スバル、アイサイトに見る日本自動車メーカーのあり方
■2010年の1、2、3位は固い…見出し決め、順位確定


《レスポンス編集部》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品