スズキ ワゴンR など7車種17万台、走行中にバックドアが開く

自動車 ビジネス 国内マーケット

ワゴンR
  • ワゴンR
  • パレット
  • アルト
  • アルトラパン
スズキは9日、『ワゴンR』、『アルト』、『パレット』、『アルトラバン』およびマツダブランドの『AZ-ワゴン』、『キャロル』およびニッサンブランドの『ルークス』計7車種のバックドアに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2010年1月8日~同年5月12日に製作された17万7692台。

バックドアラッチの製造不良により、ドアラッチの樹脂ボディの寸法が不適切なものがあり、ロック機構が作動しないため、ドアが確実に閉まらず、走行中にドアが開いて積載物が落下するおそれがある。

全車両、バックドアラッチを点検し、樹脂ボディの寸法が不適切なものは、バックドアラッチ一式を良品と交換する。

不具合発生件数は41件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集