【タイ自動車エキスポ10】ホンダ、新興市場向け小型車を世界初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

1月にインドで初公開された小型車「ホンダ・ニュー・スモール・コンセプト」
  • 1月にインドで初公開された小型車「ホンダ・ニュー・スモール・コンセプト」
  • 1月にインドで初公開された小型車「ホンダ・ニュー・スモール・コンセプト」
  • 1月にインドで初公開された小型車「ホンダ・ニュー・スモール・コンセプト」
  • 1月にインドで初公開された小型車「ホンダ・ニュー・スモール・コンセプト」
  • 1月にインドで初公開された小型車「ホンダ・ニュー・スモール・コンセプト」
  • 1月にインドで初公開された小型車「ホンダ・ニュー・スモール・コンセプト」
ホンダは、11月30日に開幕するタイランドインターナショナルモーターエキスポ2010に2011年中にタイとインド市場に投入を予定している新興市場向けの低価格小型車のプロトタイプを世界で初めて公開する。

プロトタイプは、今年1月にインド、3月にタイで公開した新小型車のコンセプトモデル「ホンダ・ニュー・スモール・コンセプト」をより量産モデルに近いデザインとパッケージングとしたモデル。

タイとインドに投入する量産モデルは、基本デザインはプロトタイプと共通で、タイでは高い燃費基準を達成するモデルとして、インドでは小型車市場向けの低価格モデルとして市販する。

また、ショーでは『アコード』『シティ』『シビック』『ジャズ』(日本名:『フィット』)『CR-V』『フリード』のほか、タイから世界に輸出されるグローバルスポーツモデルの二輪車『CBR250R』、スクーターモデル『PCX』を展示する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集