【日産 エルグランド 新型発表】解放感と包まれ感の両立

自動車 ニューモデル 新型車

エルグランド
  • エルグランド
  • エルグランド
  • エルグランド
  • エルグランド
  • エルグランド
  • エルグランド
これまでのミニバンのインテリアは見晴らし感や高い目線で見降ろすような視界の良い印象があるが、この新型『エルグランド』はそういった解放感だけではなく、包まれ感も感じてもらいたいという思いでデザインされているという。

「エクステリア同様インテリアもロー&ワイドをテーマにし、かつ上質な乗用車的で高品質なインテリアを作りたいという狙いなのです」と話すのはグローバルデザイン本部プロダクトデザイン部の山本 年さん。

具体的には、「センターコンソールから始まってドアに大きく流れる木目を最初から表現したいと思いました。自分の目の前の空間が立体的に抉られていて、センターが出っ張り、そこからもう一度抉られてドアに広がるような形にしています」として、その理由は「解放感による広々したところと、ちょっと包まれることによる安心感を表現したかったのです」と語る。

また、ウエストラインの高さなどはエクステリアデザインの担当者と相談をしながら吟味をして決めたのだという。山本さんは、「いままでのミニバンは四角い箱のようにして、広く感じられるようにしていますが、今回はより乗用車的にドアへのつながりの抑揚などを最初からテーマにしていたので、それをどう表現するかということと、そこからリアに向かって、その全体の空間をどう表現するかがテーマだったのです」という。つまり乗用車の室内のようにひとつのキャビンとして表現したかったのだ。

また、その木目に関しても艶のあるもので強調している。「艶があると目の前がきらきらして乱反射して眩しかったりするので、実験部からかなり指摘されました」と苦笑するが、ここは絶対に譲れないと押し切ったという。そこで山本さんは、「センターの木目はトーンを落として暗く、助手席前の木目はグラデーションを付けて、立体的な造形表現と、かつ、実験部の指摘する見づらさを解消しました。また、そのグラデーションによって、横方向の広がりや包まれ感が表現できていると思います」とそのこだわりを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集