【ニューヨークモーターショー10】フォードとマイクロソフト、EV充電システムで提携

自動車 ニューモデル モーターショー
フォードとマイクロソフトのhohm
  • フォードとマイクロソフトのhohm
  • フォードとマイクロソフトのhohm
  • フォードとマイクロソフトのhohm
  • フォードとマイクロソフトのhohm
  • フォードとマイクロソフトのhohm
  • フォードとマイクロソフトのhohm
  • フォードとマイクロソフトのhohm
  • フォードとマイクロソフトのhohm
フォードモーターとマイクロソフトは3月31日、ニューヨークモーターショーにおいて、家庭用の新しいEV充電システムを共同発表した。車載テレマティクスの「SYNC」に続いて、両社の提携は新たな段階を迎えた。

この新システムは、すでにマイクロソフトがインターネットで展開している「Hohm(ホーム)」を利用。Hohmとは、家庭でのエネルギー節約のために、各種情報を提供するサービスを指す。フォードのEVユーザーは、Hohmを活用することにより、自宅でEVやプラグインハイブリッド車を充電する時、最も電気代がかからない時間帯を自動的に選べるようになる。

このシステムは、フォードの最新テレマティクス、「マイフォードタッチ」やSYNCと連携。充電中でもスマートフォンに、充電状況やエラー情報などを、随時知らせてくれるというから便利だ。

マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOは、「EVが普及するにつれて、家庭の電力消費に与える影響は大きくなる」とコメント。フォードのアラン・ムラリー社長兼CEOは、「EVが信頼を得るために、今回の提携は必要なステップ」と述べている。

フォードは年内に、同社初の市販EV、『トランジットコネクトエレクトリック』を、米国市場へ投入。2011年には『フォーカス』のEV、2012年には新型プラグインハイブリッド車の発売を計画している。マイクロソフトとの連携は、EV普及に向けてのアドバンテージとなりそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • フォード SYNC、搭載車数200万台を突破 画像 フォード SYNC、搭載車数200万台を突破
  • 【日産 リーフ 予約開始】ディーラー2200店で充電可能に 画像 【日産 リーフ 予約開始】ディーラー2200店で充電可能に
  • 【ニューヨークモーターショー2021】8月に延期、EV特設テストコースを拡張へ 画像 【ニューヨークモーターショー2021】8月に延期、EV特設テストコースを拡張へ
  • 【ニューヨークモーターショー2020】延期から中止へ、会場が新型コロナの臨時病院に 画像 【ニューヨークモーターショー2020】延期から中止へ、会場が新型コロナの臨時病院に

特集

おすすめのニュース