メルセデスベンツ SLS AMG、F1セーフティカーに指名

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
SLS AMG F1セーフティーカー
  • SLS AMG F1セーフティーカー
  • SLS AMG F1セーフティーカー
  • SLS AMG F1セーフティーカー
  • SLS AMG F1セーフティーカー
  • SLS AMG F1セーフティーカー
  • SLS AMG F1セーフティーカー
  • SLS AMG F1セーフティーカー
  • SLS AMG F1セーフティーカー
ダイムラーは26日、メルセデスベンツの新型スポーツカー、『SLS AMG』が、2010年シーズンのF1セーフティカーに指名されたと発表した。F1セーフティカーの歴史において、最もパワフルなモデルとなる。

新型SLS AMGは、2009年9月のフランクフルトモーターショーでデビュー。メルセデスベンツの名車、1954年発表の『300SL』を、最新技術で甦らせたフラッグシップスポーツカーだ。メルセデスベンツの高性能車開発部門のAMGが、デザインからメカニズムまで、すべてを手がけた最初のモデルで、ロングノーズ&ショートデッキの古典的スポーツカーフォルムには、300SLの特徴的なガルウイングドアが継承されている。

エンジンは、『63AMG』シリーズのM156型6208cc・V型8気筒をベースに、約120か所に渡る専用チューンを受けたM159型。ドライサンプオイル潤滑システム、強化クランクシャフトベアリング、鍛造ピストン、新設計インテークなどを採用し、最大出力571ps/6800rpm、最大トルク66.3kgm/4750rpmを発生する。

トランスミッションは、新開発のデュアルクラッチ7速2ペダルMT、「AMGスピードシフトDCT-7」。オールアルミスペースフレーム構造により、車重は1620kgに抑えられ、0 - 100km/h加速3.8秒、最高速317km/hという世界トップレベルのパフォーマンスをマークする。

このSLS AMGが、2010年シーズンのF1セーフティカーを務める。市販モデルからの改造点は最小限で、カーボン製ボンネット、ディフューザー、カーボン製ドアミラーを追加。ルーフバーには、LEDフラッシュライトとビデオカメラが装着される。

AMGが手がけたスポーツバケットシートは、6点式シートベルト付き。AMGパフォーマンスステアリングホイールは、レザー&アルカンターラ仕上げだ。専用モニターや無線システムも装備される。

足回りはAMG製セラミックブレーキを追加。ローターはフロント402mm、リア360mmの大径サイズだ。タイヤは前265/35R19、後ろ295/30R20サイズとなる。

SLS AMGのセーフティカーは、2年間大役を務めた『SL63AMG』に代わって、3月12 - 14日のF1開幕戦、バーレーンGPでデビューを飾る。ダイムラーは「F1セーフティカー史上、最もパワフル」と自信を見せている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • [動画]メルセデスベンツSLS AMG、シューマッハが超スタント!? 画像 [動画]メルセデスベンツSLS AMG、シューマッハが超スタント!?
  • [動画]F1ポリスカー公開…GT-R、カマロも登場 画像 [動画]F1ポリスカー公開…GT-R、カマロも登場
  • 逃げられる車はない…日産 GT-R のパトカー登場 画像 逃げられる車はない…日産 GT-R のパトカー登場

特集