【ジュネーブモーターショー10】ポルシェと“兄弟”、フィンランドの小型EV

自動車 ニューモデル モーターショー
ヴァルメットオートモーティブの小型EVコンセプト EVA(エヴァ)
  • ヴァルメットオートモーティブの小型EVコンセプト EVA(エヴァ)
  • ボクスター
  • ヴァルメット社の工場で生産されているEV「シンクシティ」
フィンランドのバルメットオートモーティブは、3月2日に開幕するジュネーブモーターショーにおいて、小型EVコンセプトカー『エバ』(EVA)を初公開する。

ヴァルメット社は、1951年にフィンランド政府によって設立された国策企業。第2次世界大戦で旧ソビエト連邦に敗れたフィンランドは、ソ連への戦争賠償のため、さまざまな工業製品を生産する必要に迫られた。そのため国内の重工業メーカーを束ねて、バルメット社を結成したのだ。

その自動車部門が、バルメットオートモーティブである。古くはスウェーデンのサーブから、サーブ『90』や『900カブリオレ』を受託生産。最近では1997年から、ポルシェから『ボクスター』の生産の一部を受託している。『ケイマン』を含めたボクスターシリーズの累計生産台数は、20万台を突破。また2009年末からは、ノルウェーのEVメーカー、TH!NK社の小型EV『シンクシティ』の製造も担当している。

そんなバルメットオートモーティブが提案する小型EVコンセプトカーが、バァ。3ドアハッチバックのコンパクトな4名乗りEVだ。その詳細に関しては、「最大航続距離が160km」としか公表されていない。ノキアと共同開発したテレマティクスシステムも搭載されるという。

バルメットオートモーティブは、エヴァのティーザーイラストを公開。独特のウィンドウグラフィックスを持つ3ドアボディが確認できる。

エバは、3月2日に開幕するジュネーブモーターショーでデビューを飾る。ポルシェを受託生産するなど、高い製造クオリティを誇るバルメットオートモーティブだけに、注目できるEVコンセプトになりそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース