【東京オートサロン10】走りもOK、ホンダ インサイト スポーツモデューロ

自動車 ニューモデル モーターショー
「インサイト・スポーツモデューロ・コンセプト」。デザイン的には風紋を取り入れているのが特徴
  • 「インサイト・スポーツモデューロ・コンセプト」。デザイン的には風紋を取り入れているのが特徴
  • リヤビュー。Rバンパーやディフューザーが目立つ
  • フロント部。エンブレム脇の左右非対称のエアインテークがワンポイント
  • ホイールの約4分の1をカバーし、ホイールからの空気流を整流する「アウトホイールクォーターフィン」
ホンダが東京オートサロンに出展したコンセプトモデル『インサイト・スポーツモデューロ・コンセプト』は、ベース車両の持つ高い空力性能を活かし、テーマに“Exciting Eco”を掲げて、新時代のハイブリッドグランドツーリングを目指して開発された。

耐久レース「エンデュランス・カーニバル 2009 もてぎEnjoy耐久レース」(Joy耐)への参戦、北海道・鷹栖テストコースやヨーロッパの田舎道・高速道路などでの走行、そして風洞実験と、昨年4月から空力と足回りの両方を煮詰め続け、スタリッシュさと高速・直進安定性、旋回性能の高さを兼ね備えたカスタマイズモデルとして今回出展に至った。デザイン面では、「風紋」をイメージしているのが特徴だ。

エクステリアは、エアロステアリングガイド(フロントエアロバンパー)、Aピラーエアフローガイド、エアスプリットテールフィン、アウトホイールクォーターフィン、インホイールエアロフィンなどを装着。ガイドやフィンという言葉からわかるように、空気流や空気の流出量などを整流・制御するパーツ類で、旋回性能、旋回トレース性、直進安定性、高速安定性、ステアフィールなどがベース車両より大きく向上している。

足回りは、スポーツサスペンション(前後5段階減衰力調整機構付き)、F&Rスリットディスクローター、F&Rスポーツブレーキパッド(カーボンコンパウンド)などを装備し、気持ちよい走りも実現している。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース