【東京モーターショー09】日産 ランドグライダー がリーンする理由

自動車 ニューモデル モーターショー
ランドグライダー
  • ランドグライダー
  • ランドグライダー
  • ランドグライダー
  • ランドグライダー
日産自動車は第41回東京モーターショーに、ゼロエミッションのコンパクトな2人乗りの車両『ランドグライダー』コンセプトを出品する。

「このクルマは都市におけるEVの在り方のスタディをしていた中で、より専有面積が小さく、きびきび動くクルマということでデザインしました」と話すのはクリエイティブボックスの高濱修さん。クリエイティブボックスは日産自動車の関係会社で、過去東京モーターショーに出品された『JIKOO』や『PIVO』『PIVO2』などをデザインしている。

「これまでのEVデザインの蓄積がありますので、その上で、“EVイコールエコ”という捉え方だけではなく、もっときびきびしたアクディブなクルマは出来ないかと考えました」

このモデルの最大の特徴はコーナリング時に車体がリーンすることである。「人の走る動きや自転車に乗った動きを見ると、体重は曲がる方向に傾くのが自然です。その動きを何とかできないかとトライしました」。

「リーンすると体感的に気持ちいいということもありますが、ランドグライダーのような幅の狭いクルマでは、傾くことによって重力と遠心力を釣り合わせるという機能的な必要性があるのです」
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集