【東京モーターショー09】日産 ルークス、広さと利便性を追求

自動車 ニューモデル モーターショー

ルークス
  • ルークス
  • ルークス
  • ルークス
  • ルークス
  • ルークス
  • ルークス
日産自動車は第41回東京モーターショーに、近日発売予定の軽自動車『ルークス』を出品する。この車名は「Room」と「Max」をかけた造語で、その名が表わすように非常に室内が広いのが特徴である。

「大人が後席でも足が組めるくらいの広さがあります。また、小学校3年生くらいの子供だと立って歩くことができるのです」と話すのは商品企画本部日本商品企画室リージョナルプロダクトマネージャー、藤山修さん。

使い勝手については両側スライドドアを採用しているのが特徴。「運転席の後ろのスライドドアは、デイリーユースでお母さんが運転席から降りてすぐ子供のいるドアにアクセスできるようにと考えています。またスライドドアは駐車場でドアを開けるときに隣のクルマが気にならない。さらに低いステップで子どもの乗せ降ろしが簡単。こういったところをアピールポイントとしています」という。

「リモコンのパワースライドドアを設定しているので、日常の使い勝手として非常に利便性の高いものとなっています」
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集