【東京モーターショー09】トヨタ FT-EV II は近距離移動用小型モビリティ

自動車 ニューモデル モーターショー
FT-EV II
  • FT-EV II
  • FT-EV II
  • FT-EV II
  • FT-EV II
  • FT-EV II
  • FT-EV II
  • FT-EV II
  • FT-EV II
トヨタ自動車は第41回東京モーターショーに『FT-EV II』コンセプトを出品する。このEVは、EVが普及する未来のモビリティ社会を想定した、都市生活において使い勝手の良いパッケージを特徴とする近距離移動用の小型モビリティである。

「『iQ』よりコンパクトな専用ボディに、バッテリーを床下に配置するなどで4名乗車が可能な高効率パッケージを表現しています」とはデザイン本部東京デザイン部デザインクリエイトグループ長 梶野泰生さん。

「フロントとリアのオーバーハングを極力短くし、四輪をはじに置くことで安心感、安定感を出しています」という。また、「リアシートへのアクセス、省スペースでの乗り降りのしやすさからスライドドアを採用。リアコンビネーションランプもシースルー化することにより後方視界も確保し、リアクォーターの死角を減らしている」デザイン的な特徴を語った。

バッテリーへの充電口は車両前方のトヨタマーク下に設置されており、ショッピングモールや自宅での使いやすさを考慮しているなど、都市生活での配慮もされている。

技術面では最高速度は100km/h以上と満充電で日常の使用に十分な90km以上の航続距離を確保している。さらに、トヨタの環境コア技術であるハイブリッド技術で培ったモーター制御技術を活かし、高い静粛性と滑らかな加速で心地よい走りを実現しているという。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集