改造事業者に初のリコール命令 国交省

エコカー 燃費
国土交通省は28日、キャンピングカー改造事業者であるグローバル(本社=愛知県豊橋市、資本金=1000万円、柴田博社長)に対し、同社が改造したトヨタ『ハイラックス』ベースのキャンピングカー82台について、道路運送車両法に基づくリコール命令を発出した。

同社が改造したキャンピングカーは、後輪車軸のアクスルシャフトが折れて車輪が脱落するおそれがあるため、今年3月27日にリコールを勧告していたが、従わないため4月14日にその旨を公表していた。

リコール命令はこれに続く措置で、発出は初めて。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • リコール勧告従わず…キャンピングカーのグローバル、経営悪化で対応不能か 画像 リコール勧告従わず…キャンピングカーのグローバル、経営悪化で対応不能か
  • MINI+キャンピングカー+家具メーカー…3社が生んだサーファー仕様 画像 MINI+キャンピングカー+家具メーカー…3社が生んだサーファー仕様
  • 「避難生活は週末キャンピング」…またお騒がせ発言の首相 画像 「避難生活は週末キャンピング」…またお騒がせ発言の首相
  • 【バンコクモーターショー09】妙にカッコイイ…ハイラックス 救急車 画像 【バンコクモーターショー09】妙にカッコイイ…ハイラックス 救急車

特集