【東京オートサロン09】発表間もない パッソセッテ のモデリスタバージョン

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京オートサロン09】発表間もない パッソセッテ のモデリスタバージョン
  • 【東京オートサロン09】発表間もない パッソセッテ のモデリスタバージョン
  • 【東京オートサロン09】発表間もない パッソセッテ のモデリスタバージョン
  • 【東京オートサロン09】発表間もない パッソセッテ のモデリスタバージョン
  • 【東京オートサロン09】発表間もない パッソセッテ のモデリスタバージョン
  • 【東京オートサロン09】発表間もない パッソセッテ のモデリスタバージョン
  • 【東京オートサロン09】発表間もない パッソセッテ のモデリスタバージョン
  • 【東京オートサロン09】発表間もない パッソセッテ のモデリスタバージョン
  • 【東京オートサロン09】発表間もない パッソセッテ のモデリスタバージョン
年末に発表されて日の浅い、ダイハツとの共同開発車『パッソセッテ』(ダイハツは『ブーンルミナス』)も、オートサロンのトヨタブースに展示されていた。『モデリスタバージョン - トヨタオリジナルインテリア -』がそれだ。グレード「G」をベース車としていた。

モデリスタのパーツとしては、フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカートのエアロキット3点に加え、スポーツマフラーといった具合。ホイールは、ウェッズ製の16インチアルミホイール「レオニスKH(HSミラーカット)」を装着、タイヤはトーヨータイヤ「プロクセス T1R」だ。また、モデリスタ製のローダウンスプリングも装着されており、20mm車高が下げられている。

そのほかは、ディスチャージヘッドランプやHDDナビゲーションシステム、ホワイトパールクリスタルシャインのボディカラーなどのメーカーオプション。そして、ドレスアップシートやドレスアップパネル、フロアマット、スカッフイルミネーションなどの販売店装着オプションが装着されていた。合計価格は、261万3850円。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集