【ロサンゼルスモーターショー08】日産 スカイライン コンバーチブル追加

自動車 ニューモデル モーターショー

【ロサンゼルスモーターショー08】日産 スカイライン コンバーチブル追加
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】日産 スカイライン コンバーチブル追加
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】日産 スカイライン コンバーチブル追加
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】日産 スカイライン コンバーチブル追加
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】日産 スカイライン コンバーチブル追加
北米日産は19日、インフィニティ『G37』(日本名:日産『スカイラン』)に「G37コンバーチブル」を追加した。クーペとオープンカーが約30秒で切り替えられる電動メタルルーフを装備しているのが特徴だ。

注目の開閉機構には世界のプレミアムオープンカーの潮流、電動メタルルーフを採用。ルーフは3分割されてトランクに収納される。開閉はシフト後方のスイッチを押すだけで、約30秒で完了。ソフトトップではなくメタルルーフとしたことで、屋根を閉めたときにはクーペと同様の静粛性や耐候性を実現した。

一見、クーペをオープン化しただけに感じられるが、実はボディはAピラー以降がクーペと異なる専用設計。

日産は「リアオーバーハングを短く、トランクリッドを低く見せるために専用設計とした」と見た目の美しさにこだわる。全幅もクーペよりも28mmワイドになっているという。

エンジンは『スカイラインクーペ』と共通の3.7リットルV6。最大出力325ps、最大トルク36.9kgmを発生する。ミッションは6速MTと7速AT。7速ATにはパドルシフトが組み合わせられる。

オープン走行時の快適性には万全の配慮を施した。「アダプティブデュアルゾーン.クライメートコントロール」は、ルーフの状態や車速などに応じて、エアコンやヒーターの風量を自動調整。BOSE製の「オープンエアサウンド」はヘッドレストを含む13スピーカーシステムで、こちらもルーフ状態や速度によって、最適の音 場環境を提供してくれる。

室内はレザーが標準で、10色のボディカラーにコーディネートされた3色を用意。化粧パネルなどのトリム色もアルミとアフリカンローズウッドの2種類を設定した。

G37コンバーチブルは北米で2009年春に発売予定。現地ではBMW『335iカブリオレ』がライバルとなる。日本でも恐らく発売されると見ていいだろう。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集