【インターナビ 新機能】パイオニアが「弊社のオリジナルの情報」

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【インターナビ 新機能】パイオニアが「弊社のオリジナルの情報」
  • 【インターナビ 新機能】パイオニアが「弊社のオリジナルの情報」
ホンダは28日に車載情報システム「インターナビ」の新機能を発表したが、パイオニアは同日、「『蓄積型プローブ』による走行履歴情報やオートパーキングメモリー情報は今までどおり弊社のオリジナルの情報」である、との声明を発表した。

パイオニアカロッツェリアの「スマートループ渋滞情報」とホンダの「インターナビ・フローティングカーシステム」とは一部のデータを共有するが、今回共有する情報はリアルタイムのプローブ情報に限定される、とパイオニアは共有以外の部分の独自性を強調する。

同時にパイオニアは「『インターナビ・フローティングカーシステム』と弊社『スマートループ渋滞情報』のデータ共有は、渋滞データの質・量の向上を図る上で、両社にとって大きなメリットとなり、新規参入も相次いでいるプローブ情報について、先行する両社がアライアンスを結ぶことにより、クルマのネットワーク化を強力に推進するものと考えます」としている。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集