【株価】いすゞが「トヨタと共同会社設立」報道で人気

自動車 ビジネス 株価

サブプライムローン問題に対する警戒感から金融株中心に幅広く売られ、全体相場は大幅続落。材料不足で手控え気分の強い中、欧米の大手金融機関のサブプライムローン関連の巨額損失を計上が不安心理を誘い全面安となった。自動車株も全面安。

トヨタ自動車が前日比120円安の6200円と大幅安。ホンダが70円安の3770円、日産自動車が31円安の1203円と続落した。

全面安の中、いすゞが7円高の541円と反発。大手経済紙が「トヨタと低公害型ディーゼルエンジンの共同出資会社を設立予定」とする細井社長のコメントを報じたことが買いを集めた。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集