NISMOフェスティバル…往年の GT-R 出走、幻のケンメリ レース仕様も

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

NISMOフェスティバル…往年の GT-R 出走、幻のケンメリ レース仕様も
  • NISMOフェスティバル…往年の GT-R 出走、幻のケンメリ レース仕様も
  • NISMOフェスティバル…往年の GT-R 出走、幻のケンメリ レース仕様も
  • NISMOフェスティバル…往年の GT-R 出走、幻のケンメリ レース仕様も
  • NISMOフェスティバル…往年の GT-R 出走、幻のケンメリ レース仕様も
  • NISMOフェスティバル…往年の GT-R 出走、幻のケンメリ レース仕様も
  • NISMOフェスティバル…往年の GT-R 出走、幻のケンメリ レース仕様も
  • NISMOフェスティバル…往年の GT-R 出走、幻のケンメリ レース仕様も
「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY」(2日、富士スピードウェイ)。最新マシンとともに、往年の『スカイラインGT-R』や『フェアレディZ』も出走した。

プレミア度が特に高かったのは、「ケンメリ」の愛称で知られる4代目『スカイライン』の中のトップグレードで、2代目GT-Rとなる「KPGC110」型のレース仕様(72年第19回東京モーターショー出展モデル)。市販された台数が少なく、実際にはどのカテゴリーにも参戦しなかった幻のマシンだが、今回「GT-Rレースカーパレード」でその走りを披露した。

また、60年代末から70年初頭にかけて生産された、「ハコスカ」初代GT-Rも登場。初期の「PGC10」型、後期の「KGPC10」型の計5台がレース仕様で出走した。

さらに、その年代のマシンである「S30」型の初代フェアレディZも、レース仕様で走行。ステアリングを握ったのは、元祖“Z使い”の柳田春人氏だ。その実子の真孝選手は、今シーズン乗り込んだZ33ベースのGTマシン『YellowHat YMS モバHO ! TOMICA Z』をこの日もドライブし、親子競演となった。

比較的近年のマシンでプレミア度が高かったのは、R33型スカイライン GT-Rをベースに開発された『NISMO GT-R LM』。95年のルマン24時間耐久レースに参戦したマシンだ。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集