【インプレ'07】木下隆之 三菱『ギャランフォルティス』標準的セダンに宿るスポーツ心

試乗記 国産車

【インプレ'07】木下隆之 三菱『ギャランフォルティス』標準的セダンに宿るスポーツ心
  • 【インプレ'07】木下隆之 三菱『ギャランフォルティス』標準的セダンに宿るスポーツ心
三菱のDNAを意識させられる逆スラントノーズの鋭い視線が何かを語っているように、『ギャランフォルティス』は走りの確かなモデルである。18インチタイヤを装着する「スポーツ」は、骨の太い走り味が特徴だ。

プレミアムモデルといえども、ただ乗り心地だけを求めたわけではなく、確かなハンドリングが盛り込まれているのだ。ロール剛性が高く、速度を高めてコーナーに挑んでも力負けしない足腰が印象的だった。

『ランエボX』とは二卵性双生児の関係。そんなDNAは隠しようもないといった趣だ。

もっとも、ラグジュアリーグレードの「エクシード」は、いっぽうで優雅な乗り味に仕立て上げられている。どこかに軽快な印象が残るものの、しっとりした味付けが特徴。大人の味付けなのだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。『ジェイズな奴ら』を上梓するなど、作家の肩書きも。
《木下隆之》

編集部おすすめのニュース

特集