燃料電池車、高原を走る---日産が 軽井沢八月祭 に協賛

エコカー 燃費

燃料電池車、高原を走る---日産が 軽井沢八月祭 に協賛
  • 燃料電池車、高原を走る---日産が 軽井沢八月祭 に協賛
  • 燃料電池車、高原を走る---日産が 軽井沢八月祭 に協賛
日産自動車は、8月20日から26日に開催される「軽井沢八月祭」に協賛し、同社の燃料電池車『エクストレイルFCV』2005年モデル4台を演奏者の送迎や環境教育用に提供すると発表した。

軽井沢八月祭は、ソニー音楽芸術振興会が中心となって組織される実行委員会によって運営される音楽祭を中心とした文化芸術の祭典だ。軽井沢大賀ホールを中心に、軽井沢の主要施設でリサイタルや文化芸術、環境関連イベントを同時開催する。

イベント開催中は、多くの観光客が軽井沢に集まるる。同社では、同実行委員会が目指す「環境に配慮した運営」と、「人とクルマと自然の共生」を目指して中期環境行動計画「ニッサングリーンプログラム2010」を推進する同社との思いが一致したことから、今回日産の燃料電池車エクストレイルFCVを同祭に提供し、運営に協力する。

日産のエクストレイルFCVは、県や市へのリースで使われているほか、民間のハイヤーとしても利用されている。会期中は、4台の燃料電池車が演奏者の送迎を行う。期間中の水素充填のため、同社では水素ステーションを大陽日酸の協力を得て現地に設置する。

また、8月22日、24日に、軽井沢町の3つの小学校で、燃料電池車を活用した環境に関する出張授業も行なう予定なほか、夏休み期間の8月1日−26日、軽井沢八月祭のイベントの一つとして、ムーゼの森軽井沢絵本の森美術館で「ニッサン童話と絵本のグランプリ」作品展を行う。同社が1984年にスタートした社会貢献活動の同グランプリで生み出された2つの優秀作品、第22回絵本大賞『ハルとカミナリ』のパネル展示と第23回絵本大賞『スイカぼうず』の原画を展示する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集