【リコール】スバル インプレッサ で火災などの恐れ

エコカー 燃費

富士重工業は20日、スバル『インプレッサ』のエンジンとマニュアル変速機のオイルクーラー回路接続部に不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。06年6月から07年2月までに生産された514台が対象。

製造工程においてそれぞれのオイルクーラーホース接続部のクランプ取り付け位置に不適切なものがある。

そのまま使用するとエンジンではホースが抜けてオイルが漏れて火災に至る恐れがあり、変速機では接続部からホースが外れてオイルが漏れて走行不能になる恐れがある。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集