ガソリン高でコンパクトカーへのシフトが進む

エコカー 燃費
ガソリン高でコンパクトカーへのシフトが進む
  • ガソリン高でコンパクトカーへのシフトが進む
今週に入り、アメリカのガソリン価格は平均で1ガロン3ドル11セント、と史上最高値を再び更新した。それによりアメリカ人のコンパクトカー購買への長期的かつ全体的な移行がさらに加速しているという。

JDパワー・アンド・アソシエイツが発表したデータによると、スモール/コンパクトクラスの車のロイヤリティが上昇している。またスモール/コンパクトカーの米市場におけるシェアは、2004年には26.3%だったのが、今年の第1四半期には31.8%にまで上昇。

これに伴い、4シリンダーエンジン搭載の車のシェアも広がり、2004年4月の時点では4シリンダーカーは全体の27.5%だったものが、今年4月には35.7%となっている。

一方、大型SUVやフルサイズピックアップトラックの売り上げは減少しているものの、各自動車メーカーがこれらのモデルに変わる「次世代の多目的車」と力を入れて来たCUV(クロスオーバーモデル。ホンダ『パイロット』、フォード『エッジ』、サターン『アウトルック』、トヨタ『ハイランダー』など)は、市場全体にほとんどインパクトを与えていないことも明らかになった。

期待されたCUVというカテゴリーだが、実際にはコンパクトSUVの方が人気で、苦戦を強いられている。

ガソリン高がこのまま続けば、米市場でもコンパクトカーのシェアが4割を超える日は近そうだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

  • ガソリン小売価格が史上最高値に 米 画像 ガソリン小売価格が史上最高値に 米
  • タイヤ圧に無関心なアメリカ人? 画像 タイヤ圧に無関心なアメリカ人?
  • フォード、E85とガソリンとのハイブリッドカーの実証実験を開始 画像 フォード、E85とガソリンとのハイブリッドカーの実証実験を開始

特集