ETCの普及 利用状況---総通行量は減らないが利用率ダウン

自動車 テクノロジー ITS

国土交通省道路局が、11月3日−11月9日のETCの普及・利用状況の速報を発表した。それによると、全国の1日あたりの平均利用率は、62.2%だった。前週よりも、1.6%も減少した数字だった。

●首都高速道路:70.9% 前週比−0.7%
●中日本高速道路:64.6% 前週比−1.6%
●阪神高速道路:64.3% 前週比−1.3%
●本州四国連絡高速道路:60.7% 前週比−2.9%
●東日本高速道路:58.9% 前週比−1.2%
●西日本高速道路:58.2% 前週比−1.9%

今回、本州四国連絡高速道路の2.9%減を筆頭に、全ての高速道路事業者の利用率が減少した。これは、11月3−5日が3連休だった影響が大きい。

例えば、利用率がここ3週間で最も高かった10月20日−26日の週では1日あたりの総通行数は約770万台。今回の集計では約775万台と、通行量がそんなに変化したわけではない。ということは、ETC搭載車が走らない代わりにETC非搭載車がその分走ったことになる。

ETC車載器のセットアップ件数は、11月1日から10日までで14万2735台。累計では、1467万1535台と、1500万台突破まであと約33万。11月には無理だが、今年中には大台を達成しそうだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集