【レクサス LS 新型発表】パーキングアシスト アイシンと共同開発

自動車 ニューモデル 新型車
【レクサス LS 新型発表】パーキングアシスト アイシンと共同開発
  • 【レクサス LS 新型発表】パーキングアシスト アイシンと共同開発
  • 【レクサス LS 新型発表】パーキングアシスト アイシンと共同開発
  • 【レクサス LS 新型発表】パーキングアシスト アイシンと共同開発
アイシン精機は、9月19日発売のレクサス『LS460』に搭載された新型「インテリジェントパーキングアシスト」で、カメラによる画像認識技術に加え、超音波センサーによる車両検出技術をトヨタ自動車と共同開発したと発表した。

インテリジェントパーキングアシストは、車両後方カメラの映像から駐車目標位置を設定し、駐車時のハンドル操作を制御することで、運転者の縦列駐車や車庫入れを支援する世界初のシステムだ。トヨタと共同開発し、2003年9月に『プリウス』に搭載された。2005年11月発売の「プリウス」では、車両後方カメラの映像を画像処理して駐車枠(白線)を認識し、駐車目標位置を設定する「駐車枠認識機能」を追加した。

今回レクサスLS460に搭載された新システムでは、駐車枠認識機能とあわせて、車両前部に取り付けられたデンソーが開発した超音波センサーにより、駐車中の他車両の位置を検出、その結果をもとに駐車空間を推定し、目標駐車位置を設定する。ドライバーによる駐車位置の設定・調整操作を大幅に簡略化し、利便性の向上を図った。

同社ではITS関連の取り組みとして、画像処理技術を応用した「駐車アシストシステム」、「レーンモニタリングシステム」、「車両周辺監視システム」、「顔向き検知システム」などの製品を提供しており、今後も、これら運転支援領域の開発を強化し、安全性や利便性の向上を目指すとしている。
《レスポンス編集部》
【画像】【レクサス LS 新型発表】パーキングアシスト アイシンと共同開発(3枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース