第2のリコール隠しか…国交省が三菱ふそうに報告を要請

国土交通省は22日、三菱製トラクターの脱輪事故に関連し、自主点検・回収から一転してリコールになった経緯を文書で報告するよう三菱ふそうトラック・バスに求めたことを明らかにした。

自動車 社会 社会
国土交通省は22日、三菱製トラクターの脱輪事故に関連し、自主点検・回収から一転してリコールになった経緯を文書で報告するよう三菱ふそうトラック・バスに求めたことを明らかにした。

新聞では、同社社員がハブの危険性を訴える内部文書を作成したり、自主点検時に路線バスを対象から外していたことなどが相次いで報道され、同社がハブ(車輪と車軸をつなぐ部品)の安全性について虚偽の報告をした可能性も浮上してきた。

国交省の風岡典之事務次官は同日、三菱のリコール届け出について「今週の中頃までには届出がなされると思っている」と見通しを示した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集