トヨタ JPN TAXI、2万3000台をリコール…エキゾーストパイプに亀裂発生

JPN TAXI
  • JPN TAXI
  • 改善箇所

トヨタ自動車は2月16日、『JPN TAXI(ジャパンタクシー)』のエキゾーストマニホールドに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年9月6日から2020年12月10日に製造された2万3586台。

対象車種はエキゾーストマニホールドのパイプ部の強度が不足していることが判明。登坂路等、パイプ表面温度が過度に上昇するような高負荷かつ特定のエンジン回転での走行を繰返すことにより、亀裂が生じることがある。そのため、そのまま使用を続けると、排出ガスが基準値を満足しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、エキゾーストマニホールドおよびフロントパイプを対策品に交換する。不具合は12件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集