日産 スカイライン のインフィニティ版、3色に変化するボディカラー設定…米2023年型

インフィニティ Q50 の「ブラックオパール・エディション・パッケージ」
  • インフィニティ Q50 の「ブラックオパール・エディション・パッケージ」
  • インフィニティ Q50 の「ブラックオパール・エディション・パッケージ」
  • インフィニティ Q50 の「ブラックオパール・エディション・パッケージ」
  • インフィニティ Q50 の「ブラックオパール・エディション・パッケージ」
  • インフィニティ Q50 の「ブラックオパール・エディション・パッケージ」

日産自動車の海外向け高級車ブランドのインフィニティは1月24日、スポーツセダンの『Q50』(日本名:日産『スカイライン』に相当)の米国2023年モデルに、「ブラックオパール・エディション・パッケージ」を限定設定すると発表した。

このパッケージでは、照明や見る角度によってブルー、グリーン、パープルに色合いが変化する専用のブラックオパール・メタリックペイントを採用した。刻一刻と色を変えていくように見える塗装になるという。また、パープルの色合いは、日産『GT-R』のミッドナイトパープルがモチーフになっている。

専用のボディカラーに加えて、ブラックオパール・エディション・パッケージには、サテンブラックのエンブレムを装備した。リアには、カーボンファイバー製スポイラーが付く。

なお、ブラックオパール・エディション・パッケージの価格は、車両本体プラス2200ドル(約28万6000円)と発表されている。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集