アウディA1消滅危機でエントリーモデルに返り咲き?『A3』ICE最後の大改良か

アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

2023年前半にもフェイスリフトがおこなわれるアウディ『A3』。近い将来エントリーモデルの『A1』が消滅するとの噂もあり、その役目を引き継ぐことになるA3はどのような進化を果たすのか。今回スクープサイト「Spyder7」は「A3セダン」のプロトタイプを捉えていた。

初代A3は1996年に誕生。現行型となる第4世代は2020年に登場したばかりだが、早くも大幅改良モデルの開発がスタートしている。

アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

雨中の走行シーンを捉えたプロトタイプは、比較的軽いカモフラージュをまとっている。巨大なフェイクエアインテークを備えたバンパーからすると「S3」かと思われたが、リアエンドにクワッドエキゾーストパイプがないため、スポーティグレードの「Sライン」と思われる。

ターボブルーで塗装されたプロトタイプは、かなり小さなホイールを装着している。「Quattro」のバッジを隠したシングルフレームグリルには、11月に導入されたばかりのフラットでクロームのない最新エンブレムが装着されるだろう。後部では、LEDテールライトの内部グラフィックを刷新。バンパーのリフレクターは水平から垂直に変更されていることがわかる。

キャビン内だが、インフォテインメント用のソフトウェアアップデートを導入する可能性があるものの、10.1インチのタッチスクリーンとデジタルインストルメントクラスター(グレードに応じて10.25または12.3インチ)のハードウェアに関しては、おそらく同じままと予想される。また安全装置は、より多くのADAS機能でアップグレードでき、より低いトリムから利用できる可能性もありそうだ。

アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)アウディA3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

パワートレインは、1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ+マイルドハイブリッドをはじめ多くのエンジンがキャリーオーバーされる。

A3改良新型のワールドプレミアは、2023年前半と予想されている。ハイライディングの「A3オールストリート」導入も予定する。その後、2027年にはエレクトリックモデルとして次世代型が登場予定。この改良新型が内燃機関A3の集大成となるか。注目だ。

《Spyder7編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集